KEYEYEのオンライン英会話でペラペラになるぞ

お立ち寄りいただきありがとうございます。 仕事の必要に迫られ、英会話を実施した。 英会話学校に行くよりも手軽なオンライン英会話。 KEYEYEを使い出した。 自分のための備忘録と、他にはじめたい方の参考になるように書きます。

勤め先で、急にアメリカに電話をかける羽目に・・・。 そして、何とかなるかなと思いいざ、MAKE A PHONE CALL!. しかし、結果は惨憺たるものだった。相手の言っていることがわからない。パードンの繰り返し、そしたらたまたま日本語のわかる方がいた。 同時通訳してもらうも、その簡単な内容に自分がついていけてないのに愕然とした。 これでは、いけない!英語を使えるようにならなければ! これをきっかけに英会話のオンラインレッスンをはじめた。 できるだけ、毎日更新をこころがけています。 お立ち寄りの際に何かコメントいただけると今後の励みになりますm(_ _)m

初のトビー先生

最近、非常に多くのニューティーチャーにお目にかかれます。

さっそくチャレンジしてみました初のトビー先生です。

彼女はとてもおだやかにしゃべります。

フィリピンの先生は基本的にハイテンション
でもこの先生はとてもおちついてしゃべる先生でした。

先生は、看護し志望なんですがフィリピンには病院が少なく看護しが多い状態なので
なかなか職にありつけないんだとか、日本とはまったく逆です。

日本は不足しているってのに・・。先生着ちゃえばいいのに笑


そして、先生は2年間コールセンターにいて1年間出勤ベースの英語ティーチャーを経て
いまKEYEYEにいたるようです。

コールセンターはアメリカ相手の仕事だからとても時間が夜中になってしまうので通勤が怖いらしい。

なので、今はホームベースのキーアイにおさまっているとことです。

あ~、久しぶりにこんな日記をかいたな。

最近こういうのを書かないのは、書いてくとどんどん先生の個人情報がでてっちゃうのと
書くことによって先生の予約が自分ができなくなるんじゃないかというちっちゃな自分。

まぁ、よくよく考えてみたら、このブログそんな影響力ないし・・・笑

気にせず書いていこうと思います。

もし寿命が1年しかなかったら・・・。

今日もエレン先生。

今日のテキストの話題はもし寿命が1年しかなかったら・・・という話題。

どうしましょうね。もし1年しか寿命がないとわかったら。


テキストでは、人の役立つことをしたいということで書かれていました。
でも、その一方で豪遊しちゃおうぜということも書いてありました。

自分ははたしてどちらになるのか。

予想ですが、正直申しましてまずは現実否定で後者に走りそうです。。。

でもって最終的には前者へ行くんですが、時既におそしということにもなりかねず。。

あぁ。なんともネガティブな話題になりました。笑

バージンロードなんて言ってはいけない。

今日はちょっとひさしぶりのエレン先生。

今日はびっくりすることを学んでしまった。
walk down the aisle .

これは、「バージンロードを歩く」というとてもスィートな意味になります。
ということで、コレどういう意味ということで

it means walking virgin road...
と説明したら、このvirgin roadで先生は絶句してしまった。

なぜかといったらバージンロードはなんと和製英語。
英語圏にはない言葉。そしてまさに言葉の意味どおり
処女への道。

何言っちゃってくれちゃってるよこの生徒、この私に状態になってしまいました。

笑:) なのでみなさん気をつけましょうね。

だいたいの和製英語の失敗は笑って終了ですが、

このバージンロードだけはだめですよ。

そういう時には、


こんな「バージンロード」というドラマも日本にあるんだよと説明してあげましょう。笑
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ